読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WE ARE BORN

140字で足りない文章置き場

【『オアシス』20周年記念盤 日本最速先行試聴会】レポート (再掲)

【『オアシス』20周年記念盤 日本最速先行試聴会】レポート日時:2014年4月29日18:00~20:00場所:SONY MUSIC STUDIO TOKYOMC:サッシャゲスト:妹沢奈美(音楽ジャーナリスト) ※oasisのドキュメンタリー映画『OASIS:SUPERSONIC』の公開記念に再掲載し…

映画『キャロル』~窓ガラスの「内側」は二人だけの世界~

トッド・ヘインズ監督の『キャロル』は素晴らしい映画でした。ケイト・ブランシェットの気品あふれる、完璧な美しさ、いっそ神々しい程の優雅さ、ルーニー・マーラの少女めいた可憐な佇まい、少年のような意志の強い目つき、二人の恋物語を彩る、1950年代の…

映画『新しき世界』  アウトサイダーが作る「新世界」 ―参考文献・資料

<参考文献・資料> 李文雄(訳:都知美)『血縁観の持続と変容―現代韓国の親族関係―』 http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/UCRC/2006/data/pdf_zasshi03/14lee.pdf (アクセス日 2014年3月27日) 金 泰勲『韓国の大学入試制度に関する考察』 http://ci.nii.ac.jp/el…

映画『新しき世界』  アウトサイダーが作る「新世界」 ―結論

結論 映画『新しき世界』では、ヤクザの権力争いの中で、旧世代と新世代の衝突の果てに、韓国華僑の集団・北大門組という韓国社会にとっての第三者である若き異邦人の集団が勝利をおさめます。そして、北大門組の一人、潜入捜査官のイ・ジャソンは「父」なる…

映画『新しき世界』  アウトサイダーが作る「新世界」 ―第二章 ジャソンの選択

第二章 ジャソンの選択 第一節 揺れ動くジャソン ジャソンは本編で火のついていない煙草をただ咥えるという行動を度々取ります。このジャソンの行為について監督は、 「イ・ジャソンはおびえ・不安でタバコを吸うことができなかったが、最後の場面になって安…

映画『新しき世界』  アウトサイダーが作る「新世界」 ―第一章 新しき父系社会

第一章 新しき父系社会 第一節 変容する韓国の家族 韓国は儒教*1に基づく父系社会です。韓国には姓が少なく、またその姓を変えることは近年まで法律で許されていませんでした。子は必ず父親の姓を継ぐことになっています。 こうすることで、確実な父系の血が…

映画『新しき世界』  アウトサイダーが作る「新世界」 ―序論

映画『新しき世界』 アウトサイダーが作る「新世界」 有狩(あるかり) 序 現在、日本は様々な問題を抱えています。広がる貧富の差、若者の貧困、ブラック企業、高齢化社会、年金システムの危機、解消しない低い出生率、思うように進まない女性の社会進出。我…